Study aid Bank Project 事業

Study aid Bank Project 事業

【背景・企画内容】
(1)背景
仝労省は昨年7月、2012年の所得を元にした「国民生活基礎調査」で、
「相対的貧困率」は16.1%と発表した。18歳未満の「子どもの相対的貧困率」は16.3%で、前回調査(09年時点)より0.6%増で、データーがある1985年以降、過去最悪となった。
  ※相対的貧困率とは、全国民の所得を順番に並べ、真ん中に位置する人のさらに半分の額を「貧困線」と定め、それに見たいない人の割合を指す。
現在、貧困の連鎖を断つ目的で、就労支援や学習支援が行われている。3惱支援は、教育格差の是正を目的に行われている。
ざ軌薐丙垢稜愀覆砲蓮家庭における文化資本の格差も存在する。
ナ顕住駛椶琉譴弔箸靴董学習参考書等がある。
Τ惱支援の現場では、この学習参考書不足を、学生ボランティア等の「個人授業」でカバーしているところもあるが、多くの子どもを対象とするこに限界がある。学習参考書が家庭には、ないため、養育者が学習支援に携わることがほとんどできていない。

(2)企画内容
〇温予颪蓮単年度で破棄されるのが一般的だ。ドリルや教科書ガイド、絵本などの学習参考書類は、旧年度のものでも活用できるものが多い。
△海量詰僂箸覆辰浸温予駑爐鮟犬瓠必要とすることども達に配ることで、参考書類の有効活用を図る。
3惱参考書等の配布は、配布は、地域の学習支援団体を通じて無償で行う。

【事業内容】
不要となった学習参考書や、問題集、児童書、文具等を取集し、生活困窮者家庭に配布する
(1)収集の対象
  〇温余賄
  教科書ガイド、ドリル、ワークブック、問題集、参考書、副読本、英語CD、   通信教育教材、辞書等。できるだけ書き込みの少ないもの。
  ∋童書(絵本等)
  J原
(2)配布先
  (叱妨尼崎市(約1000人)
  △修梁勝腹─
   ※収集量に応じて、近畿圏の生活困窮者世帯に広げていく。

【実施体制】
  Study aid Bank Project
  代表 桜井淳(京都花園高校教諭)
  賛同人:現在募集中
  協力団体:現在募集中
  事務局
  兵庫県尼崎市御園5 土井ビル2F
  NPO法人 シンフォニー  Study aid Bank Project 担当
  TEL:06-6412-8025
  FAX:06-6412-8444
  mail:info@npos.cc
  URL:http://npos.cc





サイト名: NPO法人シンフォニー   http://npos.cc
この記事のURL:   http://npos.cc/modules/cnts/index.php?id=19