まちづくり : 発災時「多言語情報ステーション」開設訓練
投稿者: office 投稿日時: 2018-6-11 11:21:25 (191 ヒット)

発災時「多言語情報ステーション」開設訓練
   >>> 参加者、ボランティア募集しています。

 ここ数年、多国籍住民が増えている。シャアハウスなど受け入れ施設も建設されている。
 また、外国、特にアジアからのインバウンド旅行者も商店街等で見かけるようになった。しかし、外国人向け情報提供は十分とはいえる状況ではない。充実させていく必要がある。とりわけ、災害・事故等の救急時への対応の遅れは、生命にかかわる可能性があり、急がれるところである。
 そこで、生活情報だけでなく、発災時の多言語情報ステーションの立ち上げ訓練を行う。
 今回は、「あまらぶBosai literacy+」(尼崎青年会議所等主催)に出展する方法で1日開設を行い、本格的取り組みへの足掛かりとしたいと考えています。

【事業概要】
 以下の事業の中で、1ブースを使って「多言語情報ステーション」開設する。
 事業内容:多言語で、情報提供、相談を行う。
【開催日時】2018年6月24日(日)9:00〜16:00
 会場:園田北小学校
 
【問合せ・申込先】
 NPO法人シンフォニー 防災活動担当(川西)
 TEL:06-6412-8025
 FAX:06-6412-8444
 MAIL:kawanishi@npos.cc
 URL:http://npos.cc

 ボランティア希望者は、FAXまたはMAILで、氏名・住所・性別・TEL・メールアドレスをご記入して、お申込み下さい。

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。