福祉・医療 : セミナー「新しいサビ菅制度と職場環境の改善」のご案内
投稿者: office 投稿日時: 2022-1-2 22:09:50 (87 ヒット)

放課後ディーやB型事業所、グループオームなど施設には、サービス管理責任者を配置することが必須条件です。このサービス管理責任者の養成制度(研修制度)が令和4年度より、大きく変わります。
 これまでの5年の実務研修という受講要件は同じですが、「基礎研修→OJT実習(2年)→実践研修→サビ菅資格取得」になります。
 これよりサービス管理責任者の取得がより困難になることは間違いありません。基礎研修を受けた人は、2人目のサービス管理責任者の実務を行うことが出来ますが、2年後に「実践研修」を受けて初めて一人前のサービス管理責任者の資格取得ができるようになるのです。
 経過措置によりサビ菅として配置されてる人も2年後には実践研修が必要です。
 さらに5年ごとに更新研修を受ける必要があります。
 しかし考え方をかえれば、各施設においてサビ菅二人体制を取ることが出来るようになり、安定した施設運営ができるようになります。また、労働環境の改善にも役立てることができます。
 この機会に、新しいサービス管理責任者研修を活用し、中長期の事業計画を作っていきましょう。
 講師は、地域福祉の職場環境改善に取り組んでいる社会保険労務士です。
 ぜひご参加ください。
 
 テーマ:新しいサビ菅制度と職場環境の改善 
 講師:山崎勲(社会保険労務士)

 日時:1月22日(土)13:30〜15:30 
 会場:キャリアデザインスクール(阪神尼崎駅前徒歩2分 大洋ビル5階)
    オンライン参加も可
 定員:会場 30名
    オンライン(zoom) 40名
オンライン参加希望者は、申込終了後、メールアドレスにもID、パスコードをお送りましす。
 主催:キャリアデザインスクール(NPO法人シンフォニー)

 受講料:1,000円
 チケットはこちらで購入できます。
 http://sabikan.peatix.com

 <申し込み・問い合わせ>

<申し込み・問い合わせ>  
〒660-0883 兵庫県尼崎市神田北通2-12-1 大洋ビル5階
MAIL:office@npos.cc http://npos.cc/ 
TEL:06-6412-8025 FAX:06-6412-8444

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。