福祉・医療 : 子どもが巻き込まれる「ネットの罠」を考える_スマホ時代の情報リテラシー
投稿者: office 投稿日時: 2015-8-29 14:28:19 (1163 ヒット)

 インターネットは何時でもどこからでも誰でも情報にアクセスできる大変便利なツールで全世代に広がっています。
 しかし、この便利な環境が、子どもたちを犯罪に巻き込んだり、いじめに利用されたりと負の面も目立ってきています。
 この度、兵庫県警察本部サイバー犯罪対策課の方を講師にお招きし、「子どもたちが利用しているスマホ(SNS)の実態」や「偽サイトにかかる詐欺事案」などについて、インターネットにおける最新の検挙・被害事例を説明してもらいます。特にスマホ(SNS)による金銭被害や性的被害を受ける子どもを出さないように、具多的事例等を話してもらいます。
 これにより、被害防止の対処能力を身につけていただければと思います。
 なお、児童・生徒には見せられない映像等もあるので、親子での参加はご遠慮ください。

【日時】平成27年9月16日(水) 18:00〜19:30
【場所】地域総合センター南武庫之荘
    (尼崎市南武庫之荘11丁目6-15)
【対象】保護者及び関心のある方
   (児童・生徒には見せられない映像等もあるので子どもは対象外です。)
【費用】無料
【申込方法】地域総合センター南武庫之荘宛に
 ※メール、電話、FAXにてお申し込みください。
 TEL/FAX:06-6438-5875
 MAIL:info@atcm.npos.biz

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。