NPO支援 : 今田忠氏最後の著書「「日本における民間公益活動の流れ―私的体験を中心に」の好評発売中!
投稿者: office 投稿日時: 2020-4-3 21:50:32 (84 ヒット)

 日本NPO学会元会長今田忠氏の「回顧録」とも言える「日本における民間公益活動の流れ―私的体験を中心に」が9月中旬に出版予定である。
 今田氏は、日本にNPOを紹介した草分け的存在であり、NPOを社会に根付ける上で多大な貢献をされた「知る人ぞ知る」人物である。特に兵庫県では、阪神・淡路コミュニティ基金のおかげで、誕生期を生き延びたNPOも多い。この辺りは、「第3章 阪神・淡路コミュニティ基金時代」で詳しく触れられているので読んでほしい。
 今田氏はこの本の最後を次の言葉で結んでいる。
 「浪速商人道は汚く儲けてきれいに使うと言われた。現在の日本は個人が富
を集積するのは難しい。企業社会であるから企業にはアメリカのインディペン
デント財団の機能を
期待する。アメリカではEnlightened Self-interest 論が言われ、日本では社
会の公器論が言われ、20世紀末までは、そのような方向に向かいつつあったが、
現在は多くを期待できなくなった。潮目はいつ、どう変わるのか。」
 潮目を変える役割をNPOで担っていくためにも、この本からNPO誕生の背景を
読み解き、そしてその社会的ミッションを思い出してほしい。
 出版にあたり先行予約受付を開始します。
 定価 2000円+税
 予約は、お名前、住所、送付先、部数をお知らせください。なお郵送の場合
は、郵送料が別途必要です。詳しくはシンフォニー事務局まで。
 【問合せ・申込先」
TEL:06-4950-0624/FAX:06-6412-8444
 Email:office@npos.cc

印刷用ページ このニュースを友達に送る
投稿された内容の著作権はコメントの投稿者に帰属します。