投稿者: office 投稿日時: 2021-9-19 22:21:36 (9 ヒット)

現在本部事務所があります尼崎土井ビルディングが老朽化に伴い解体されることとなり、事務所移転を行います。
移転先は太陽ビルディング5階です。
住所:〒660-0883 兵庫県尼崎市神田北通2-12-1
阪神本線:尼崎駅より徒歩2分
こちらをご覧ください。
https://www.quickconsulting.jp/est/dt/0049379/a0110000019nnKl
ストリートビューで5階を見てください。
https://bit.ly/3AveTAE

5階のD及びEFを借り、3教室を開設します。
尚教室につきましては、キャリアデザイン・スクールとして、エッセンシャルワーカーの支援を行う予定です。 

またアルキメデス尼崎教室は、西大物町(明城小学校区内)に移転します。

移転は9月20日より開始し、末までには終了する予定です。
21日〜24日まで転送となるため、ご不便をおかけすと思いますが、よろしくお願いします


投稿者: office 投稿日時: 2021-6-20 20:59:54 (153 ヒット)

コロナ禍の中、障がい者、高齢者のアル中や認知症、引きこもりが増加しています。障がい者、高齢者を地域全体で支える複合的まちづくりが課題になっています。
 そこで、障がい者や高齢者のシェアハウス=グループホームを軸にした複合的まちづくりを推進することを目的に、セミナーを開催します。
 テーマは、「障がい者の将来にわたる安心・快適な暮らし」で、積水ハウス株式会社と協働で開催します。
 2021年6月22日(火) 13:30〜15:30
 高槻商工会議所(大阪府高槻市大手町3-46
 定員:20名
 会場参加とオンライン参加のハイブリッド形式で実施します。
 障がい者支援について実践と研究をされているNPO法人別府一樹氏(NPO法人トゥギャザー常務理事)及び家田知明氏(積水ハウス株式会社CRE事業部部長)、高木功氏(積水ハウス信託株式会社課長)をお招きする予定です。 
 ※ 三密を避けるため、定員枠を少数にしています。当日会場にお越し頂けない方はオンラインでご参加頂けます。
 申込はメッセンジャーでメールアドレスを送ってくだされば、ログイン情報を送らせていただきます。

 このセミナーが中心においているのは、グループホーム(シェアハウス)の建て貸方式です。仕組みは、土地オーナー、建設会社、運営団体(NPO法人、社会福祉法人、医療法人)が役割分担し、地域協働でまちづくりを目指すものです。
 スペインでは、2015年〜今年5月までの間に、地域政党、バルセロナ・コモンズが、民間アパートの買い取りなどで8,900軒以上の公営住宅を新たに供給し、100件の市立保育園を設置して話題となっているが、日本でも、共有の社会関係によって統御されるシェアリングエコノミー(共有経済)と地域協働を着実に広げていきましょう。

 詳しくはこちらをご覧ください。
 https://ameblo.jp/npos/entry-12681789708.html
 


投稿者: office 投稿日時: 2021-6-5 23:09:49 (211 ヒット)

日頃はなにかとご高配いただきありがとうございます。

コロナ禍の中、活動もおもうようにいかない中、ご苦労されていることとお察しします。
さて、特定非営利活動法人シンフォニー2021年度の定期総会を次の通り、開催します。

6月13日(日)13:00〜15:00
土井ビル3F
オンラインハイブリッド形式
オンライン(ZOOM)参加については、お問い合わせください。


投稿者: office 投稿日時: 2021-4-10 23:02:52 (408 ヒット)

 4月26日(月)明石市で、積水ハウス株式会社と協働として、セミナーを開催します。テーマは、「障がい者の将来にわたる安心・快適な暮らし」です。会場参加とオンライン参加のハイブリッド形式で実施します。
 今回は、このセミナーを「障がい者の将来にわたる安心・快適な暮らし」をテーマに、兵庫県明石市で開催します。障がい者支援について実践と研究をされているNPO法人別府一樹氏(NPO法人トゥギャザー常務理事)及び家田知明氏(積水ハウス株式会社CRE事業部部長)、高木功氏(積水ハウス信託株式会社課長)をお招きしする予定です。 

日時:2021年4月26日(月)14:30〜16:30
会場:明石商工会議所
   兵庫県明石市大明石町1-2-1
定員:20名
※ 三密を避けるため、定員枠を少数にしています。当日会場にお越し頂けない方はオンラインでご参加頂けます。
申込はこちらからどうぞ。
https://bit.ly/3d7Zs7S


投稿者: office 投稿日時: 2021-2-10 3:01:00 (571 ヒット)

近畿2府4県のNPO支援センターは今年度「近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度」で「新型コロナウイルス感染拡大に対するNPOへの支援活動」やコロナ禍での「居場所づくりへの支援活動」、「防災・減災の取組み」を進めています。
コロナ禍による社会環境の大きな変化により、「市民活動に新たに課せられた役割」や「市民活動を支援する重要性」はどう変わったのか。今年度の取組みを踏まえながら考えるオンラインシンポジウムの案内です。
【開催日時】2月21日(日)14:00〜16:00
【開催方法】オンライン開催(Zoomを利用したライブ配信)
【プログラム】
(1)基調講演
「コロナ禍の社会における市民活動を考える-『新しい生活様式』への対応を踏まえて」西川 一弘さん(和歌山大学学長補佐/紀伊半島価値共創基幹准教授)
(2)パネルディスカッション
 ア.コロナ禍での災害支援ネットワークの取組み(しがNPOセンター事務局長 西川実佐子さん)
 イ.コロナ禍での特別定額給付金を活用した寄付の呼びかけ(きょうとNPOセンター常務理事 平尾剛之さん)
 ウ.コロナ禍での居場所づくりへの支援活動(コミュニティ・サポートセンター神戸スタッフ 山村弘美さん)
【参加費】無料
【定員】100名
【主催】近畿労働金庫
【共催】しがNPOセンター、奈良ストップ温暖化の会、きょうとNPOセンター、大阪ボランティア協会、わかやまNPOセンター、シンフォニー、コミュニティ・サポートセンター神戸
お申込み方法(近畿ろうきんホームページ)
https://www.rokin.or.jp/release/news/2021/011413003/
近畿ろうきんNPOパートナーシップ制度
https://www.rokin.or.jp/npo/partnership/


(1) 2 3 4 ... 10 »